Categories

Latest Posts

読む必要の無いリストに入らないように

名刺の管理アプリとCRMを連動させ、顧客や見込み客などに、状況に合わせたメールやメルマガを配信。これによってメールを受けた顧客は「これ欲しかった情報!」と喜び、うまくいけば売り上げのアップにつながる、という図式が取り沙汰されていますよね。

実際、これで多くの企業が成功を収めているようですが、メールやメルマガだけに頼った営業ではいつしか破たんしてしまう可能性も秘めているんです。

多い人では一日に数百通のメールを受け取ります。運良く自社のメールを開いてくれれば良いのですが、タイトルに魅力ある言葉が無ければ削除の憂き目に遭うでしょう。。読む必要が無いリスト、と勝手に振り分けられることもあるのです。

こうならないよう、メール、メルマガは自動送信だけに頼らずに、人の手がしっかりと入ることも大切なようです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>