Categories

Latest Posts

そこからが勝負

SFAは、導入段階、そして運用を始める時に大変な思いをするものです。情報の入力、これが重要ポイントとなります。しかし営業マンという職業は、普段は外回りをして人と接してなんぼのもの。どれだけの人脈を作り、それを活かすか。また、それまでに培った経験やノウハウによって営業案件を勝ち取ります。いわば、営業マン個人の想いが非常に重要なわけです。

そこに突然、SFAというシステムが導入されることに。営業案件の情報をエクセルに入力するだけでも時間がかかるのに、それ以上に難しく、機能の多いSFAを使いこなさないといけないと思うだけでも大きな負担になってしまいますよね。

上司から言われて、とにかく営業情報、顧客情報を入力していく。これだけに、どれだけの期間を費やすのかわかりませんが、だいたいの営業マンはこの入力作業だけで、システムを使った気になってしまうんですね。

しかし、彼らをまとめるマネージャーは、ここからがSFAを使いこなし、次の営業に活かしていくことを、営業マンたちにも理解してもらわないといけないんです。そこからが勝負なんですね。

SalesForceAutomation

Continue reading そこからが勝負

手あたり次第に交換するのはいかがなものか

イベントやセミナーに出席するということは、どれだけ名刺を増やせるか、ここに懸けている人も多いのではないでしょうか。交換した名刺は名刺の管理ツールを使い、戦利品のようにして名刺を大事にしまっておく、なんてね^^

新規の顧客を探すための第一歩として必要なのが名刺ですからね。交換した際に相手に良い印象を植え付けておけば、実際にアプローチする際にも良い流れで入れそうな気がしますし。

しかし、手当たり次第に名刺をしても、それが本当に使える名刺かどうかは疑問です。それよりも、本当に必要とする人脈作りができるのかを考えながら近づくこと、これが重要なんですね。

挨拶を交わす前に、さりげなく近くでその人物がどのような会社に勤めていて、どのような内容の話をしているのか、人物の性格や先見性まで見抜くことまで出来れば、きっと名刺の交換もうまくいくでしょう。

Continue reading 手あたり次第に交換するのはいかがなものか

まだ自分でやっていませんか?

デスクやカバン、財布の中に散らばって入っている名刺たち。きちんと整理整頓しておけば、使いたいときにすぐに使えのに、なかなかそれが出来ないものなんですよね。

自分でひとまとめにして、エクセルなどで管理している人も多いことでしょう。でも、外出先からだったらいちいち他のん社員にエクセルを開いてもらって確認、なんて面倒なことをしあければいけません。

そこで、名刺の管理ツールを使ってみませんか?無料のアプリなどもあるので、まず最初はこのようなアプリで管理ツールの良さを実感し、引き続き使いたければ有料のものに変えたり、別のベンダーのツールに変えるもの良いかもしれませんね。ただその際には、前のツールからは名刺情報を削除してもらうことが先決です。名刺とはいえ、それは会社の顔になる部分でもありますから、取り扱いは慎重に!

営業支援システム比較

Continue reading まだ自分でやっていませんか?

AI導入により

名刺の管理ツールの代表的な会社と言えば、Sansanですよね。このSansanでは、人の手で名刺情報を入力しているため、工程数もわざと多くしているのでしょう。ですが、近頃はAIの導入も進んでいるようです。そうじゃないと、あれだけコマーシャルで有名になっていますから、ユーザーの数も驚くほどに増えているはず。人の手だけではもはや追いつかないでしょう。

会社、個人の名前などは比較的わかりやすい字体で書かれていますから、これらをAIに任せ、自動入力にしているとのこと。そして入力ミス、最終確認を人が行うことで、人の手のみでやっている頃に比べ精度も高くなっているようです。

名刺の管理ツールを利用すれば、たんに名刺の情報を会社で一括管理するだけではなくて、自分には知らない人脈を浮き彫りにすることができたり、役職などの更新も自動で行われるそうです。

Continue reading AI導入により

SFAを導入する理由

企業が主体となって考える営業は古いものとなり、今は顧客優先となって考える営業が当たり前となっています。テクノロジーが普及、発達したことで、SFAといった営業マンをサポートするツールもあり、属人的な営業からの脱却も可能となっています。

ではこのSFAですが、実際にはどういったものなのか、ご存知でしょうか。SFAは、Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の略で、営業の効率化、営業プロセスの透明化、営業情報の共有化が可能となっているものです。

営業マンは1日にいくつもの案件を進めるために、それぞれの企業に対しての営業情報を確度高く整理しておく必要があります。それを人の手によって行うよりも、SFAを活用して情報集積、分析することで、営業マンの負担は軽減できるわけです。

また、PCDAを回すにも非常に役立ち、営業マン自らも自分の営業を見直し、改善することができるため、多くの企業がこのSFAを導入し始めているんですね。

GRIDY名刺CRM

Continue reading SFAを導入する理由

人の手の入力もまだ行われています

名刺の管理ツールって、そのほとんどがODR技術を使った自動のデータ化だと思っていたんですが、まだまだ老舗の名刺管理ツールをサービスしている会社では、人の手によって入力されているそうですね。

OCRの技術も日々進化しているようですが、それでもまだミスは出てくるそうなんです。なので、最終的には人の目でチェックし、人の手で修正するところもあるとか。まだまだITは人を超えられてはいない、ということでもあるのでしょう。そう聞くと、まだ安心できますよね^^そのうちロボットに人間の世界は乗っ取られるのでは?と心配する人が多いですからね。

そして、最新の名刺管理ツールでは、データ化した情報は、ベンダの方で情報を自動更新してくれるんだそうです。これがまた、ありがたいんですよね。

Continue reading 人の手の入力もまだ行われています

手入力ではもうキツい・・

名刺の管理ツールをExcelといった使い慣れたツールで代用している会社もまだまだ多いようですね。ただ、名刺の数が増えていけばやはり人の手でいちいち入力していくには労力がかかりますし、その分他の業務に支障をきたしてしまいます。

最近では、アプリで名刺の管理もできたりするんですよね。しかもスマホで。個人用、会社用とその活用方法も様々で、無料のものや試用期間があるものも。

名刺の管理をデジタルで行う事で、欲しい名刺情報は検索をかければすぐに取り出せますし、はがきなどの宛名入力もスイスイ進めることができます。きっと、「もっと早く取り入れていればよかった・・」と思うひとつのデジタルツールだと思いますよ、名刺管理ツールは^^

Continue reading 手入力ではもうキツい・・

デジタル派のほうが貯蓄額が多い傾向

この調査結果にどれだけの正確性があるのかわかりませんが、名刺の管理ツールを提供しているSansanが、「若手社員の実態調査2018」というものを発表した中で、名刺の管理をデジタルで行っている若手社員の方が、アナログで行っている人達に比べて貯蓄額が多い傾向にあることがわかったそうです。

その若手社員たちですが、アナログ管理が全体の7割強、デジタル管理が2割。実際にはアナログでの管理がほとんどなんですね^^

でも、デジタルで管理している人の中で、自分なりの業務効率化がうまくできていると思う人は8割強、アナログでは6割弱ということ。

本当はデジタルで管理したいけど、そこにたどり着くまでの時間、手間が面倒で、それらをテキパキとやれている若手社員が貯蓄額も多い、ということなのでしょうね^^

Continue reading デジタル派のほうが貯蓄額が多い傾向

スケジュール確認が面倒・・

こんなこと、ありませんか?手の空いている営業マンを探したいのだけれど、どの営業マンが今もっとも会社に近いところにいて、時間に余裕を持っているのかがわからない。いちいち営業マンに電話してその様子を聞かないといけない。こういったスケジュールの確認が面倒で・・と。

ホワイトボードのカレンダーや行動表にとりあえずは記入されていても、実際にその通りに営業マンが動いているとは限りませんからね。やはりリアルタイムでその居場所、行動内容が分かれば効率的に業務を進めることができそうです。

SFAは、営業マン一人一人の営業を管理し、また顧客情報の管理も可能です。営業が終わる度に日報として記録しておけば、後から自分の営業に役立てることも可能。もちろん、リアルタイムでアップされるため、管理者や他の営業マンにも営業行動を自動で知らせることができます。手の空いている営業マンを探すにも、すべての営業マンに連絡と取らず、SFAで一覧で確認するだけで済むんですね。

顧客管理機能 |サービス紹介 | KnowledgeSuite

Continue reading スケジュール確認が面倒・・

鉄日立システムエンジニアリングのLaXiTera

鉄日立システムエンジニアリングから提供されているSFAのLaXiTera。何でしょうね、La~と書かれていると、おしゃれな印象になりませんか?^^私だけでしょうか。

このLaXiTera、語源があるのかどうかは知りませんが、ラクシテラと読むそうです。ん?楽してら?

そのようです^^楽にSFAを使えるよ!そんな意味のようです。「製薬業界向けSFAのノウハウを活用し、幅広い業界向けに営業支援SFAソリューションをご提供いたします」と紹介されていました。とにかく、使いやすさ、そして楽にSFAを使えるように多くの工夫がされているようです。そのため、今まで属人的営業に頼っていた会社も、無理なく楽に^^SFAへと移行ができるようです。

営業マンたちをまとめる管理者の方も、リアルタイムで営業プロセスを把握、楽にコメントしたりフォローすることが可能になる。営業マンたちのスケジュール管理、情報共有、情報集計、分析なども楽にできるそうです^^本当?と思った方は、一度試してみるとその効果を実感できると思います♪

営業支援システム比較

Continue reading 鉄日立システムエンジニアリングのLaXiTera